2011年12月30日

年末ですね・・・

今年は、いろいろありましたね。

えっと・・・政治カテゴリーとして・・・何からいくかなぁ

子ども手当・・・「子供の為の手当」(支給額5000円で所得制限あり)通称「子ども手当」だったかな。
マニフェストによれば2年目から満額(26000円)支給になるはずだったのにね・・・どういうこと?

TPP問題・・・6月までに決断することができず、11月に「協議に参加する」という曖昧な言い回しで誤魔化しました。
TPPに参加するのかしないのかどっち?

政治資金の問題・・・全く説明せずにお遍路に逃げました。
戻ってきて政倫審で説明しろ!

普天間問題・・・迷走中
このグダグダやってる期間が一番問題なんじゃないの?

尖閣問題・・・ビデオ公開されず。
忘れてる人も多いかもなぁ。

竹島問題・・・不法占拠と言えず。
何で言えないの?

八ッ場ダム問題・・・方針決まらず。
どうなってるんでしょうね?先延ばしすればするほどコスト掛かるんじゃないかな。

原発問題・・・冷温停止できた事を収束という表現をした。
冷温停止は通過点で収束するのは、これからだと思うんだけど・・・違うの?

消費税増税・・・離党希望者増殖中。
離党希望者に言いたい・・・比例で当選した人の離党は許せないので、議員辞職をしてください。
離党届を出しても受理されていない現状では戻る人もいると思うので、あえて「離党希望者」としました。

大臣人事・・・適材適所発言が裏目に・・・。
内閣発足直後に経産大臣辞任、参議院で問責者2名排出・・・これのどこが適材適所?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんか書いてて虚しくなってきた。
まだまだ、教科書問題やら外交問題やら死刑問題とか色々書こうと思ってたんだけど・・・疲れたのでこの辺でやめておきます。


多数の離党者が出たら、どんな法案も通らないでしょ?
参議院で問責くらった大臣(2人)が罷免されず、辞任もせずに来年の通常国会が開けるとでも思ってるの?
何も進まなった責任は、総理大臣が取るべきものです。
政治空白ができそうな原因を放置しているようでは、総理大臣自身が「不適材不適所」人事と言わざるを得ない、選んだ政治家も連帯責任だと思います。
来年は早期に解散して総選挙をしてください。
首の挿げ替えを批判していた政党なら、スジを通すべきだと思います。



話は変わって・・・今年1年を漢字一文字で表現すると・・・ってやつありますよね。
今年はたしか「絆」だったかな。
私の中では「揺」で応募した記憶が・・・^^;
皆さんはどんな漢字で表現しますかね?・・・別に募集なんかしてないんだからねっ!w

posted by ストーン at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする